新着情報‎ > ‎

12/3~4福島復興再生可能エネルギー産業フェアに出展します。

2014/11/19 18:39 に 日本防水工法開発協議会 が投稿   [ 2014/11/19 18:42 に更新しました ]
 日本防水工法開発協議会会員の柳沼板金店・クボタ金属さんは、福島復興再生可能エネルギー産業フェアに共同出展します。この展示会は、国の産業技術総合研究所の再生可能エネルギー研究の開発拠点を郡山市へ集約したこともあり、外国大使館等も注目しているものとなっています。

福島復興再生可能エネルギー産業フェア2014

開催日   平成26年12月3日~4日

場所     ビックパレットふくしま(郡山市)

出展内容 

柳沼板金店(田村市)・クボタ金属(群馬大泉町)共同ブース G-18 

 「CACAR DENCA」戸建屋根・壁遮熱・通気工法:屋根・壁内に空気を循環させ、建物の温度を制御し、湿気を取って、躯体等構造体を守ります。 

 「冷え-ルーフ」金属折版屋根に遮熱シートを被せる工法で、屋根の温度を制御します。夏は、屋根温が20度程度下がり、冬は6度程度、保温します。

冷えルーフの温度低減効果.jpg冷えルーフ冬用ちらし.jpg

 *四季を通じて、省エネに貢献します。            *2014年3月の群馬大雪でも、優れた性能を発揮。

 「リフレクティックス遮熱工法」アルミ2層の遮熱シートを用いて、建物の省エネを実現する。最大63%減の効果。

Comments