私たち日本防水工法開発協議会は防水・止水・防触・建築板金・塗装業の工事店で構成する各種工法・商品の研究開発・認定を担う団体です。会員各社は雨・風・紫外線を受ける建築物の外側を守る職務に実際に取り組む実務のプロです。建物にとって何が必要かを現場・現物にあたる工事店ならではの視点で提案しています。



日本の木造住宅の建て替えは約31年。一方、欧米では60~80年。さらにコンクリート建築物では日本の50年に対し、欧米の100年以上と、環境意識の高まる現在においても依然として大きな開きがあります。当協議会はこの差を埋めるべく建物の長寿命化に向き合い、日本の環境にマッチした工法・商品の開発
に取り組んでいます。



現在、建築廃材の大半は利用されず、埋め立て処分されており、このままではいずれ日本中がごみであふれてしまいます。当協議会では、常トータルでの環境負荷を考慮し、リサイクルを妨げない素材・手法の選択を重要課題として、日々開発を進めています。


当協議会は資源輸入国である日本だからこそ、どんな時代でも、エネルギーを無駄にしない姿勢と努力が必要であると考えています。現場・現物と向き合う実務者ならではの知恵と工夫を活かし、それを磨き上げることで、防水技術の一層の省エネ・省資源化を目指しています。



https://sites.google.com/a/jcwrd.com/website/home/top-aircontorol.png